札幌市電が走る街

札幌市電が走る街

歴史がわかって本当にいい本。

札幌の夜明け

札幌の夜明け

ピンクに染まるJRタワーと藻岩山。

大倉山シャンツェに向かって

大倉山シャンツェに向かって

大倉山シャンツェに向かって。

夜明け

夜明け

久々に見たオレンジ色の空。

雪晴れのM101

雪晴れのM101

昨日の写真より、「雪晴れのM101」。
 札幌市電のループ化が現実的となってきた。巷ではまったく盛り上がっていないようだが多額の費用をかけて400メートルの区間を延伸するのだからそれなりのメリットはあるのだろう。

 そもそも札幌市には昔から路面電車が縦横無尽に走っていたが、時代の流れとともにどんどん廃線となり、現在の「西4丁目-すすきの」の一路線を残すのみとなった。鉄道にしても路面電車にしても路線を廃止するのはたやすい。でも再開するのはそれ以上に大変なことなのだ。

 ある晴れた冬の日、路面電車を撮影しに出かけた。ループ化されたら「西4丁目-すすきの」の方向幕は廃止され、「右回り」、「左回り」になるのかな?方向幕そのものもLED化されるとの話もある。

 札幌市電はあまり撮影スポットがないけど、東本願寺前-資生館小学校前でぶらぶらしてたらM101が走ってきた。やはりレトロな車体は街に溶けこんでいる。弱い冬の太陽の下で、格好いい姿を見せてくれた。

赤と白

赤と白

雪の降り続くホームに札幌行き711系普通列車が到着。 もうすぐ見られなくなってしまう日常の風景。 (函館本線 大麻駅)

友子んち。

友子んち。

大雪に見舞われたが何とか到着。
新居ともてなし楽しかったー。

ドンじゃら

ドンじゃら

のどかな日常(笑)。

ベイマックス

ベイマックス

家族で見にきたー。

雪を駆ける711系

雪を駆ける711系
1968年(昭和43年)から北海道の鉄道電化区間を駆け抜けてきた711系車両が今年の3月でついに引退となる。今日、家族とベイマックスを見に行く前にその姿を撮影してみた。もともと鉄道マニアでもない僕が列車風景に魅せられたのも、2007年9月のライラック引退がきっかけだった。古き良き時代の歴史がまたひとつ終わろうとしている。
(5DMk2 + EF100-400f4.5-5.6LII)
プロフィール
Author:ちあしう
写真、登山、マラソン、自転車、料理、英語、家族など。
断酒マラソン
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
RSSリンクの表示
リンク
本家サイト
私の撮影した北海道の写真ギャラリーです。
QRコード
QRコード