キガラシと哲学の木

キガラシと哲学の木
哲学の木は斜めに首をかしげて考える様な姿からそう名付けられたのだという。
しかし一面のキガラシの絨毯の上ではあまりに気持ちがよくて、思索にふけるよりもむしろ居眠りでもしてしまいそうだ。
(美瑛町 2006年9月23日)

-----
This tree is dubbed "Tree of Philosophy", because its shape reminds us of a philosopher thinking about something with tilted head.
But on the yellow carpet of flowers, the tree looks so comfortable that it cannot meditate but have a catnap.
(Biei town, Sep.23, 2006)

朝霧の美馬牛小学校

朝霧の美馬牛小学校
朝霧に浮かぶ、とんがり屋根の美馬牛小学校…。

朝霧の風景を見たくて、友人たちと美瑛まで深夜のドライブ。もうすぐ夜明けが近いのに辺りは濃霧で視界がまったくない状態だ。祈る思いで高台へ車を走らせた。三脚を立てて待っていると徐々に霧がはれて視界が開け、はるかかなたに小さなとんがり屋根が現われた。

(上富良野町 2006年9月23日)

クリスマスツリーの木

クリスマスツリーの木
なだらかな丘に立つ一本の木。

This triangle-shaped tree is called "Christmas Tree". This tree is standing in the vast field in Biei.
プロフィール
Author:ちあしう
写真、登山、マラソン、自転車、料理、英語、家族など。
断酒マラソン
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
RSSリンクの表示
リンク
本家サイト
私の撮影した北海道の写真ギャラリーです。
QRコード
QRコード