インスタ死亡

インスタ死亡

4か月間ひそかにアップしていたインスタの育毛記録が突如ログイン不能となってもうた。

毎朝デジカメを片手にリビングの同位置同条件で自らの頭頂葉(?)を撮影し続け、長女からは「また撮ってるー。」と笑われながらも今日まで続いていた。殊に最近は複数の人(2人)から髪が増えたと言われ、自身でも過去の写真と比較するたびに、軽微なれども明らかなる増毛効果を確信していたから、いよいよ「毛髪ビッグバン」の兆し見えたりと一人ほくそ笑んでいたのだ。

撮った写真を見られると僕のコケンに関わるので、アップし終わった写真はその都度削除しバックアップは取ってなかったのだが、このたび原因不明のアカウント閉鎖に伴って過去の記録は文字通りネットの海の藻屑と消えた…。

育毛が成功した暁に写真をつなげてタイムラプス動画を作るのが夢だったのに…。ああ、失われし4か月間の育毛記録よ。お前たちの死を決して無駄にはしない。育毛を誓った当直明けの11月26日、デジカメに収めたあの一枚の写真を僕は決して忘れない。

来たるべき「毛髪ビッグバン」に向けてセカンドステージ開始だ。
抜けたら増やし返す。倍返しだ!(笑)

育毛41日目

育毛41日目

育毛生活41日目。
年末年始で少し酒は飲んだものの(笑)、基本的には節制ある生活を心がけて6週間が経過した。
思えば前厄で髪が減り始め、本厄で加速度がつき、後厄で終末期の一歩手前のパリアティブケアを行う段階となり文字どおり「髪ってる」年となっていたのだが、年が明けてその忌まわしき「厄年三羽ガラス」も、カァカァ…と(ドップラー効果で)周波数を減弱しながら飛び去っていき、実にすがすがしい心持ちである。
で、肝心の育毛効果の進捗であるがそこそこ効果がありそうである。最近はインスタなんとかという便利な画像保存サイトもあると聞き、そのサーヴィスを匿名で利用して連日の頭頂葉の日々の変化をデジタルカメラで客観的かつ傍観的に記録しつつ、我ながら憮然とした表情で毎日閲覧しているのであるが、光線の状況やカメラの露出設定の加減によりアピアランスに日々の変化はあるとはいえ、基本的には横這いか上向きであると評価する。
これすなわち現在まで常にマイナスであった毛髪曲線の微分係数(毛髪量の指数関数的減少に伴い絶対値は減少していた)がプラスに転じたということであるから大きな成果というべき結果である。
さらに健康的な生活を行うことにより体調がよくなっているという、まさに「ハゲるは恥だが役に立つ(略してハゲ恥)」の理念に即した流れが確実に作られつつある。
今日もイワシの缶詰を食べながら(たまにツナ缶の誘惑に負けるけど(笑))、ロハスな健康生活を続けていくのだ。言いたいやつにはイワシておけ!俺はそれでもイワシを食うのだ。(続く)

育毛臨床試験

育毛臨床試験

髪が減り始めてから悩むこと早数年。
最近ではもうどうでもよくなりつつあったのだが(笑)、
いま流行りのTbs系ドラマ、「ハゲるは恥だが役に立つ!(略して「ハゲ恥」)」に出ている星野源のフサフサヘアーにインスパイアーされ、育毛を再開することとした。

再開とはいっても、これまでのトライアルは食生活も大して変わってなかったし、ジヒドロテストステロン(Dht)を増やすとされる飲酒は、節制したつもりでも実際には結構飲んでいたので、まともに試したことはサプリとリアップくらい。到底本気で努力していたとは言い難い。

では、なぜ本気になれなかったのか?
それは遺伝子(ジェネティック)レベルで同一であるはずの双子の兄(仮にKとする)が、僕よりずっと不摂生な生活をしているにも関わらず、フサフサヘアーを保っているという事実が故である。「Kは大丈夫なんだから生活習慣は関係ないんだ。」とどこかで甘えがあったのである。

そもそも、出生から現在に至るどこかのタイムポイントに於いて僕の毛母細胞がエピジェネティックな修飾を受け、外的ストレスに対する脆弱性を獲得してしまった可能性だってあるのだ。

そこで平成28年11月25日から壮大な臨床試験を試みることとした。具体的には食生活の徹底改善(含サプリ)と禁酒、さらに育毛剤の検討である。育毛剤は前はリアップを使っていたが、最近話題のビタブリッドも気になるところではある。

この臨床試験の試験期間は一年間とする。プライマリーエンドポイントは上記の試みが頭髪を増やしうるかという点である。育毛剤に関しては最初の4か月間はリアップを使用し、効果が得られない場合にはビタブリッドに移行するクロスオーバー比較試験デザインとする。またセカンダリーエンドポイントは血液データ(中性脂肪、総コレステロール、尿酸値)の数値的な改善とする。

一年後の結果報告が楽しみだが、効果がなかった場合リバウンドで生活が自堕落にならないことを祈るのみである。

当直明け

当直明け

いつもはカップ麺だったが、ごはんと味噌汁で健康生活開始。

10kmの部

10kmの部

断酒マラソン10kmの部完走証。

第2回断酒マラソン5km達成

第2回断酒マラソン5km達成

第2回断酒マラソン5km達成。昨日はつらかったが頑張って耐えた。
奈良マラソンまでは何としても断酒を継続。

再燃

再燃

一昨日の当直の朝、電話じゃなく痛みで目が覚めた(T^T)。これまで姑息的治療に甘んじてきたが抜本閉源的な解決が必要か…?(笑)

断酒マラソンハーフ完走

断酒マラソンハーフ完走

断酒マラソン、ハーフの部(21km=21日目)達成。おかげでゼイ肉も1-2kg減った。その栄誉を讃え自分に完走証を授与する(笑)。
酒というものは寄生獣のミギーみたいな生き物だな。決して宿主(飲む人間)の味方ではない。宿主を酔わせていい気分にさせればもっと飲んでくれるので利害関係が一致するが、一歩コントロールを失えば宿主を乗っ取ってしまう。しばらく惰性で酒を飲んでた期間が長かったから要注意だな。

断酒マラソン10km完走

断酒マラソン10km完走

断酒マラソン10km(10日目)の完走証。

断酒マラソン10km

断酒マラソン10km

断酒マラソン10km(10日目)。実に体調がいい。ついでに帰宅ランも10km走った。健康なのはいいことだな。

プロフィール
Author:ちあしう
写真、登山、マラソン、自転車、料理、英語、家族など。
断酒マラソン
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
RSSリンクの表示
リンク
本家サイト
私の撮影した北海道の写真ギャラリーです。
QRコード
QRコード