当直明けの唐揚げ

当直明けの唐揚げ

当直明けの唐揚げ旨し!
180420

山飯練習

山飯練習

ジェットボイルのマイクロモで長女の夜食を作りがてらラーメン作りの練習。サーマルクッキングがポイント。

煮卵

煮卵

クリスマスだけど仕事で何も書くネタがないので、わが家の煮卵の作り方を解説しようー!ぱちぱち。

(1)豚角煮を作ったときなどの残りの煮汁に、半熟ゆで卵を入れる。そのままだと浮かんでしまうのでアルミホイルに穴をあけて簡易落し蓋にすると全体に色がつくのでよい。

(2)容器は何でもいいが、写真のような取っ手のついたホーロー容器はそのままガスコンロの火にかけることができるので便利!

(3)一晩冷蔵庫で寝かせてできあがり。煮汁のダシがきいていて、ラーメンやお茶漬けに入れても美味ですぞ。

(注)食べるときにあまり温めすぎると、せっかくの半熟が完熟になってしまうので注意。数日間はこの方法で繰り返し作れるのでやったことない人はお試しあれー(^-^)。

久慈砂鉄ステーキ皿の威力

久慈砂鉄ステーキ皿の威力

びっくりドンキーの持ち帰りハンバーグが、ステーキ皿に載せるだけで一気に豪華な夕食に!
ステーキ皿をコンロにかけてハンバーグに熱を通し付属のタレをかけただけ。ジュージュー言ってて美味しかったー!(^^)

すき焼きに行者ニンニク

すき焼きに行者ニンニク

すき焼きに行者ニンニク。うまし!

サクサクとんかつ

サクサクとんかつ

夕食はサクサクとんかつ。

久慈の砂鉄鍋で鶏唐揚げ

久慈の砂鉄鍋で鶏唐揚げ

特製のつけダレで下味をつけた鶏もも肉に片栗粉をまぶし、久慈の砂鉄鍋で一気に揚げる。旨味が凝縮したジューシーな塩唐揚げ、マジうまし!肉汁やばし!(笑)
カラッと揚げるためには油の温度を一定に保つことが大事だけど、この久慈砂鉄鍋ですら大量に冷たい具材を入れるときは中火以上の火力を必要とする。それだけ油の比熱は低いのである(水の半分以下)。ステンレスやアルミ製では到底この味は出せないし、鋳鉄の鍋は末代まで受け継がれる家宝にもなるから、興味ある人はぜひ手に入れてほしいなー!

久慈砂鉄の天ぷら鍋で唐揚げ

久慈砂鉄の天ぷら鍋で唐揚げ

久慈砂鉄の天ぷら鍋。厚さが1センチ弱あり油温が下がらないので驚くほど揚げ物がうまくできる。細君の作る鶏の塩唐揚げはあまりに美味しいので、あえてレシピは教えてもらわないと決めている(笑)。

富澤商店

富澤商店

富澤商店のパンミックス、賞味期限が近づいたので「黒糖パン」とやらを焼いてみたらめっちゃ美味かった(笑)。ストウブ(バーミキュラーも?)で焼く時は、ホームベーカリーでこねた後、35°Cで30分間一次発酵。その後フタをして250°Cで15分、さらにフタを取って190°Cで15分焼くといいみたいである。

鶏モモと半熟卵の酢煮

鶏モモと半熟卵の酢煮

「鶏モモと半熟卵の酢煮」
帰りが遅くなったけど今日も細君不在につき、ストウブにてちゃちゃっと副菜。
みんなには明日の朝食べてもらおう。
18センチは手頃で絶妙なサイズである。

プロフィール
Author:ちあしう
写真、登山、マラソン、自転車、料理、英語、家族など。
最近のおすすめ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
RSSリンクの表示
リンク
本家サイト
私の撮影した北海道の写真ギャラリーです。
QRコード
QRコード